読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

笑う門には福来る!

35歳で突然乳がんに!これも人生、気楽に乗り越えましょ。

FEC1回目まとめ

FEC

投与後2週間は、調子良い日があっても翌日には体調を崩し、会社にも行けない日が続き、普通の生活が出来なくなったことをリアルに体感しました。

 

ずっと続くわけじゃないと分かっているのに、会社に行けない日が続くと私このままダメになっちゃうかもとなり、よく涙が出ました。

 

体調悪くなるたびにネガティヴになり、ドン底まで落ち込んで。

 

私のQOLは、“普通に暮らすこと”なんだと改めて再確認しました。

 

それでもこの治療法を選んだのは私、あと3回ちゃんと受けたい!もうとにかく早く受けたい!と思いました。

 

だって今やめたらこの1回が無駄になっちゃうもん。こんなに苦しんだのに、無駄になるなんて絶対イヤだから!

って思ったら、早く2回目来い!!って思っていました、途中からずーっと。本当に単純です私…

 

本当、まわりが優しくて涙が出ます。これは嬉しい涙。

上司が、友人たちが、休んでいる時も毎日連絡をくれます。

 

ネガティヴになったり、泣いたりしたけど、過ぎてしまえば苦しいときは一瞬です。永遠には続きません!

これかはFEC始める方、心配しないでください。副作用は人それぞれですし☻

 

さて待ちに待った2回目です。

どんな副作用が来るか引き続き研究していきます!どんと来い!

 

FEC1回目副作用〜3週目

高熱に悩まされた2週目をようやく乗り切って3週目に突入しました。

 

ここからは体力が戻ってくる時期です。

 

3週目の副作用は以下の通り。

*脱毛

ついに始まってしまった脱毛。

手ぐしを通すとバサバサ取れます。

髪が散らばらないように定期的に手ぐしで回収していました。掃除機とコロコロはマストです!

 

*頭痛

髪が抜け始めたと同時に、頭がズキズキと。首も痛かったりして、これは副作用かなぁと思いました。でも1日だけでした。

 

*腰痛

これは副作用ではないですね。

2週目をほとんど寝たきりで過ごしたせいで、体力&筋力が落ちまくりでバッキバキ。

寝てばっかりも体に支障が出るものですね…笑

 

味覚障害

噂には聞いていたけど、食べ物の味が分からなくなりました。何食べても薄味、というか無味のものも。

味のしない肉って不味いんですね。笑

 

唯一美味しく感じるのは、お出汁。

なので、うどんや蕎麦はすごく美味しいです。

あと比較的酸味は感じるので、酸っぱい食べ物は美味しく食べられました。

 

 

3週目は仕事にも行けて、だいぶ元気になった感じがしました。それでもやはり、1日働くとぐったり。

家に帰る頃にはもうだらーんとしていました。夜ご飯とか友達と行くつもりだったのになー!その体力はなし!

 

は〜!早く元の生活に戻りたい!

その為にも早く2回目やりたい!

前向きな気持ちが変な方向に行ってますね、あんなに副作用に苦しんだのに。笑

FEC1回目副作用〜2週目

FEC

1週間が過ぎ、貧血もおさまりました。気持ち的にも元気になり、これは副作用も終わりかな?と多少過信していのかもしれません…

 

2週目の副作用は以下の通りです。

*発熱

12日目に発熱。

朝起きると37.3℃。微熱だしと出勤したのですが、昼頃には37.8℃。やばい…

即帰宅したものの、熱は38.7℃までぐんぐん上がり、カロナール服用。

 

担当医に電話したところ、近くの内科でインフルエンザの検査をして、いずれにせよ処方薬を普通に飲んでくださいとのこと。

 

そもそもインフルエンザ流行中のこの時期に免疫力の落ちた体で内科なんて絶対行きたくないし、熱以外に関節痛や喉痛などのインフルエンザの症状が無いということは、骨髄抑制としか考えられない。よって内科には行きませんでした…

 

13日目は37.1℃。解熱剤はいらないまでも引き続き引きこもり決定です。

昼頃には36.5℃まで下がりましたが、午後になると又発熱。 

本当に言われた通りの副作用がくるものですね。

 

14日目、朝は平熱でスタート!ようやく抜けたかと思ったのですが…

午後からぐんぐん上がって38.2℃。

38.0℃超えたら解熱剤を飲むと決めていたので、即!もう毎日でイヤになります…

私の白血球はどこへ旅に出ているのでしょうか…

 

そして2週間となる15日目。

朝から37℃前後ではあるものの、大きく発熱することはなく、ようやく落ち着いたようです。ほっ。

 

口角炎

一度口角炎になりました。

思いっきり口開けてパンを食べたら、ピリっといっちゃいました。

soaptopiaのシアバターをすり込み、マスクをしていたら1日で治りました。

f:id:laughingoutloud:20170218141001j:image

愛用のシアバターはこちら↓

http://soaptopia.jp/products/shea-butter

 

*臭覚過敏

何の匂いを嗅いでも、「くさ〜」ってなりました。特に電車内で近くにいる人のタバコの染み付いた服の匂いとか、香水の匂いとか、もう何もかもが!!

 

大好きだったセロリの匂いもダメになりました。これ悲しかった…

セロリのスープ、匂いで美味しく感じられなくて、カレー粉入れてカレーにしたくらい。

嗅覚も変わってしまう抗ガン剤、恐るべしです!

 

そんなこんなで魔の2週目が終わりました。

熱のことしか記憶ない。ずっとベッドにいたので化石になるかと思いました。笑

 

 

FEC1回目副作用〜1週目

FEC

FEC副作用の記録です。

 

翌日から4日目までの、副作用は以下の通りです。

*便秘

便秘などしたことがない私にとっては地獄でした。便秘の人の気持ちが初めて分かりました。酸化マグネシウムを飲んだことと、デカドロンの服用が終わったことで自然に解消しました。

 

*胃のむかつき

吐き気は無かったのですが、空腹時に胃がムカムカしてしまい、少し気持ちが悪くなりました。食べ悪阻みたいな感じでしょうか。ミカンやイチゴ、梅昆布茶に助けられました。

 

*倦怠感

3日目くらいから何だか怠いなと感じ始めました。眠気に襲われ、気付くと寝てばかりでした。

 

5日目からの副作用は以下の通りです。 

*ホットフラッシュ

急激に体温が上がり、動悸が激しくなることが4日目から急に始まりました。その瞬間はとにかく気持ちが悪く、滝のように汗が出るので、おさまる頃には寒くて死にそうになりました。ホットフラッシュが始まって4日ほどで緩やかにおさまっていきました。 

 

*悪寒、低体温

とにかく寒かったり、体温が34℃台になったり、震えるくらい冷えることがありました。ホッカイロを貼り、布団を被り、お風呂に浸かり、何とか温まろうとしました。こちらも4,5日経つにつれて回復していきました。

 

*貧血

一番辛かった副作用です。5日目あたりから急に始まりました。立ち上がるとクラクラしてしまい、夕方にはフラフラで仕事から帰り、夜はずっと横になって血の気が戻るのを待ちました。

その後1週間くらいかけて緩やかに回復しました。白血球が減少するとこうなるのかということを体感しました。

 

 

ちなみに私は、金曜日に抗ガン剤投与を行い、週末様子を見て月火は在宅勤務、水曜から出勤しました。

 

本当に読みが甘かったのですが、最初に吐き気などが無かった為、私は副作用軽いタイプなんだ!と思ってしまいました。しかしそんなことなかったのです…

水木と貧血と戦いながら、意識が朦朧としながら働き、金曜にダウン。

 

仕事に行かなきゃという思いと、自分のあまりのポンコツ具合に涙が出ました。なんで私だけこんな思いしなきゃいけないのと…ネガティヴになったりもしました。

 

でも1週間を過ぎた頃、パーっと体調が良くなり、それに伴いメンタルも元気になりました。単純…

 

しかしです。

この後、骨髄抑制という副作用が出てくることで、再度メンタルはどん底に落ちます…

 

 

 

FEC1回目副作用〜当日

FEC

初回の抗ガン剤ということもあり、とにかく副作用に怯えていました。

いろいろな方の経験談によると、当日の夜はとにかく気持ち悪くて吐き続けるイメージが…

 

まず当日は、病院を出たときは全く持っていつも通り元気でした。お腹が空いてグーグーいっており、先生にご飯を食べていいか確認したところ、全然食べていいとのことだったので、すぐランチを食べたくらいです。笑

 

その後、実家に帰り副作用に備えます。

 

疲れていたので、お昼寝を。

お昼寝から起きると抗ガン剤投与6時間後。そろそろ副作用くるかなと思ったのですが、またお腹がグー…

 

嘘でしょと思いながらも、空腹には勝てず普通に夜ご飯を。とはいえ、刺激物は控え和食中心です。しっかり食べちゃったけど。

 

多少足がビリビリと痺れる感覚があったのでメディキュットを履き、いつ気持ち悪くなるか分からないので、寝れる時に寝ようと思い早めの就寝。

 

結果、朝までぐっすり。

足の痺れも朝には解消していました。

 

抗ガン剤初回当日は、幸運にも目立った副作用はないという結果になりました。

 

FEC1回目

FEC

私の抗ガン剤治療は、まずはFEC を4回やってみましょうということでした。

 

3週間おきに通院でFEC の点滴を受けます。

 

いろんな人のブログを読んだりして予習したけれど、入院して行っている人が多いようなので、本当に通院で大丈夫なのかしらと少し不安でした。

 

当日は、点滴1時間前にイメンドカプセルという吐き気を予防する薬を飲みます。

 

点滴は1時間くらいかけて、数種類の点滴を行います。抗ガン剤以外に吐き気止めや生理食塩水も点滴します。

 

人によっては点滴中に具合が悪くなる人もいるようですが、全然大丈夫でした。

 

点滴中は携帯でニュースを読んだり、友人へ実況中継のLINEを送ったりして過ごしていたら、あっという間に終わりました。

 

その日は、残りのイメンドカプセル2錠と、その後の吐き気を止めるデカドロンを3日分、そのほか薬をもらい、病院を後にしました。

 

費用ですが、診察、点滴、内服薬すべて含めて、この日の支払いは23,000円でした。

 

高いのか安いのか分からないけど、思ったより安く済んだ気がしてしまった。この倍はかかるだろうなって勝手に考えてたせいですが。笑

 

でも4回で10万円と考えると、結構な金額ですね!節約節約。

 

打ちあける*家族

打ちあける

最後の打ちあけの砦、家族。

 

これが一番、私にとってはハードルが高く、最も辛い告知です。

 

早くに父をガンで亡くし、一昨年は母もガンに。幸い、母のガンは手術で取って完治したのだけど、次は私の番だなんて。

 

なんてこった、また母あんなに辛い思いをさせるのかと思うと、本当に死にたくなります。

 

それでもやはり隠し通せるとは思わない。もう言わないわけにはいかないので、週末実家に帰り、夜も更けた頃に打ち明けました。

 

頼むからパニックにならないでほしいということと、私の意思を尊重してほしいことをまず伝え、現在の状況と今後の治療法について説明しました。

 

驚くべきことに、母はパニックにはなりませんでした。

どうやら周りにいっぱい乳がんサバイバーがいるようで、治る病気であるという認識があるようでした。

 

子離れ出来てない、依存度高めなところがあるので、この世の終わりだ!みたいになるんじゃないかと、それが心配だったけど、ただ「大丈夫よ!全部応援するからね!」と何度も何度も言い続けていました。

 

私からのお願いは、健康食品とかそういう余計なことはしないでほしいというのと(←やりがちなんです、うちの母。笑)ただそっと見守ってほしいと伝えました。

 

母には本当は何度も言おうと思った。でも悲しませたくなくて言えなかった。

でもそれって私のエゴだったのかも。

母はいくつになっても母だし、家族なのだから、何でも受け入れてくれて、一番の味方でいてくれる存在だったってことを忘れていました。

 

正直、ガンになって、一番しんどかった瞬間はここです。え、ここ?って思われるかもしれないけど…これがストレスで悪化してても驚かない。

 

ここをクリア出来たんだから、あとは自分と向き合って頑張るのみです!

おおげさだけど、人生で一番頑張ったかもしれない☻

 

支度は整った、これで何の迷いもなく抗ガン剤と向き合えます!!