笑う門には福来る!

35歳で突然乳がんに!これも人生、気楽に乗り越えましょ。

放射線治療〜初診

紹介状、PET検査結果、MRI検査結果を事前に病院へ持ち込み、初診へ。


まず担当医の診察からスタート。
詳しい説明を受け、治療についてしっかり話をしました。

 

手術痕を確認してもらったのですが、傷口がきれいだと驚いていました。

どんな状態が普通なのか知らないから基準がわからなかったけど、なんか安心。

 

自分で見ている限り、あきらかに前よりはサイズダウンしてるし、なんだか皮膚の血色悪いし、綺麗なのか分からなかったけど、経過良好な様子。

 

 

診察が終わると、次はCT検査です。

CT検査では、実際放射線を当てる場所を放射線技師の方が確認します。

 

放射線を当てる場所ってすごく重要らしく、ズレたりしないようにペンで皮膚にマーキング。

さらに治療開始日まで消えないようにと、タトゥーシールのようなものでマーキングしました。

 

少しでも放射線が肺に当たったりすると肺炎になったり、はたまた腕に当たったりすると手がしびれたりするそうなので、マーキングはかなり重要らしい。 

 

検査後はナースの方と治療スケジュールについて相談しました。

働きながら治療している人が多いそうで、朝一はかなり混んでいるとのこと。

幸い私は仕事の融通が利くほうなので、少しずらして通院することになりました。

 

私の場合は、まず全体に25日間放射線を当て、プラス5日間、腫瘍があった場所にピンポイントで当てます。

合計30日間、土日祝日を除く平日毎日通うことになります。

 

7週間も毎日病院に行かなきゃいけないと思うと大変ですが、手術が終わってから2ヶ月、ホルモン治療しかしていなくて少し不安だったから、新しい治療が始まるのは正直嬉しいです。

治療している間は安心できる。

 

 

実際の放射線治療は1週間後から開始することになりました。
CT検査の結果を見て放射線医の先生が治療計画をちゃんと立ててくれるそうです。

 

予約するときはグダグダすぎて色々不安になったけど、医師、放射線技師、ナースの連携がしっかりしていて、何より患者と向き合う姿勢や、かなり詳しいところまで時間をかけて説明してくれる態度にすごく安心したし、この病院を選んでよかったと思えました。

 

 

初診が終わり、お会計へ。

大きい病院はそうなのかもしれないけど、お会計の待ち時間が長くて驚き。

 

時間が勿体無いので、次回からパソコンを持ってきて仕事しながら時間をつぶそうと心に決めました。

 

なお初診のお会計は、約5,000円です。

 

これからの放射線治療は一回あたり5,000円くらいらしいので、30回で15万ほど払うことになるそうです。

まぁ高額医療費制度もあるし、生命保険もあるし、お金の心配はありませんが、がん治療はお金が本当にかかるなぁ…

 

 

治療が始まったら、また副作用などアップデートしたいと思います!

 

放射線治療スタート

お久しぶりになってしまいました。

もう仕事が…前にも増して忙しく…目がまわって魂が抜けかけています。

 

どえらいミスしたりして、自分のせいでもあるのですが…

早くこの状態から抜けたい…

f:id:laughingoutloud:20170929222122j:image

※LINEスタンプ参照

 

 

そんな中、術後2ヶ月というタイミングで、放射線治療を開始することになりました。

 

 

私が通っているクリニックには放射線治療の設備が無いので、放射線治療の間は他の病院に通うことになります。

 

どこでも好きな病院に紹介状を書いてくれるとのことで、今回どこの病院に行くか迷いました。

 

今回私の病院選びの条件は、

・毎日通うから通勤がしやすい場所にあること

・評判の良い医師や放射線技師がいること

・総合病院であること

でした。

 

私は抗ガン剤治療も手術も全て、乳腺専門クリニックで行ないました。

専門医なので何をするにも対応も早く、予約も取りやすく、待ち時間もゼロという、本当にありがたい環境。

 

でも今回、放射線治療を受けるにあたり、なぜ総合病院を選んだかというと、今後のことを考えて、総合病院に乳がんに関しての繋がり持っておきたかったからです。

 

今後、もし再発して、遠隔転移だったりした場合、総合病院で治療することも視野に入れなければと思って。

 

そんなことあったら困るし、絶対に嫌だけど、乳がんは再発や転移の可能性もあるといろんなところで目にしてしまい。

そうなった時、すぐに対応できるようにって思って。

 

考えすぎかもしれないけど、たぶんこういう心配は乳がん患者あるあるだと思います。

こうやって一生心配しながら生きていくのかと思うと少し悲しいけど仕方ない。

そのときはそのときだ。

 

 

というわけで病院を決め、書類が揃ったので予約センターに電話して予約します。

 

予約センターは平日のオフィスアワーしかやっていないので、昼休みに電話をしますが、まぁ電話が繋がらない。

大きい病院って予約も大変なのね。

 

ようやく繋がったと思ったら、予約センターが放射線科の予約に不慣れすぎて、しどろもどろ。

 

そのまま放射線科へ転送され、今回の治療に関して直接説明。

 

予約は予約センターでしか取れないらしく、また予約センターに電話を戻された瞬間電話が切れる。がーん…

 

再度電話をかけるも繋がらない…

掛け直してもこないし…

結局振り出しに戻る…

 

このやり取りで病院選び間違ったかなとかなり不安になりましたが、最短日に予約を入れてくれ、初診に向かうことになりました。

 

続く…

 

 

脱毛アップデート3

抗ガン剤の最終回から2ヶ月とちょっと。

 

看護婦さんいわく、私はあまり抜けない方だったそうです。眉毛もまつ毛もかなり残ったねと最後の抗ガン剤の日に言われました。

でもつるっつるでしたけどね。

 

もう脱毛の時期は終わってしまい、今回からは発毛アップデートになります。

失われし毛は順調にカムバック中!

 

眉毛&まつ毛も結局2割を残してそれ以上は抜けず、今は眉毛は結構生えてきています。あと1ヶ月もすれば元通り描くこともなくなりそう。

まつ毛は眉毛よりは遅くて、少しずつ毛が育ち始めています。早くまつエクに行きたい!!

 

前回すでに生え始めていた髪の毛も少し長くなって長いところで3cmくらいのほわほわとした毛が頭全体を覆っています。

手触りが良くて触ってしまう。

 

体毛も細い毛ではあるけれど戻ってきてしまったー!

 

気づいたら毛が生えてます、あちこち。

 

特にもみあげまわりの成長著しです。

もみあげが無いと変に目立って髪が結べなかったので、これで耳出して髪を結べるようになるかも。

 

髪があった頃は、いつも何かしらヘアアレンジしていました。結べるようになるの嬉しいなぁ。

 

 

そして毛が生えるのと同時に、毛穴も戻ってきてしまいました。

 

抗ガン剤の頃、本当にお肌がツルツルで、人生で一番お肌のコンディションが良かったのですが、あっという間に元通りに。

 

これからはスキンケアを以前以上にしっかり行っていきたいと思います。

 

取り戻せ、ツルツルお肌。

 

 

 

 

ホルモン治療開始

術後1カ月経ち、ホルモン治療を開始しました。といっても術前にもやっていた時期があるので、再開といった方が正しいのかな?

 

再開だからとくに目新しさも無いし、副作用も分かっているので怖さも無し。

 

今後はタモキシフェンを毎日朝食後に服用します。お久しぶり、タモキシフェン。

 

ホルモン治療の副作用、私は比較的大丈夫な方なのですが、唯一イヤなのはホットフラッシュです。

 

抗ガン剤の副作用でもホットフラッシュがあったけど、本当に嫌い。

これだけは慣れない。

 

ホットフラッシュを無くす方法は無いのか色々調べてみようと思います。

 

 

術後1ヶ月近く経ち、なんだかんだで仕事も元の状態に。

 

年度末のため、忙しさMAX。

今まで病気カードでクリア出来てたものが、どうしたってクリア出来ないのが切ないです。

 

でもポジティブに考えると、年度末に手術や抗ガン剤が被らなくて良かったのかもしれない。

 

何とか9月を乗り切り、体力も元に戻り、自由の身を謳歌できるように頑張らなくては。

 

仕事に追い込まれていて、ブログの更新頻度も落ちていますが、「更新が少ない=元気に忙しくしている」ということになります。

 

体力もあと少しで元に戻りそうなので、無理はせず、マイペースにいきたいと思います。

 

 

 

病理検査の結果

手術から3週間、ようやく病理の結果が出ましたー!

 

病理の結果によっては再手術になったりする場合もあると聞いていたので、そうなったら困るなぁと内心ドキドキしていました。

 

診察室に呼ばれ病理の結果を見ながらドクターから一言。

「うん、良かったね。しっかり取れたから心配ないよ、もう。次の治療に進みましょう。」

とのこと。

 

抗ガン剤もよく頑張ったし、手術もよく乗り越えたねと。後は再発予防の治療を頑張って行きましょうと。

ドクターが嬉しいなぁ嬉しいなぁと結果を見ながら言ってくれたのが一番嬉しかった。

あぁ、ひとまず大丈夫なんだ、ひと段落ついたんだなって。

 

これで次のステップ、放射線治療に進めます。

 

一応この3週間は念のための防水シートを貼ったりしてたけど、もう何もしなくていいよとのこと。

傷の治りも順調で、あとは自然にきれいになっていくみたい。人間の体ってすごい。

 

結構ざっくり切ったはずだけど、正直服を着たら外からは全然分からないくらいです☻

 

 

そして、ようやく歩けない状態から抜け出せそうです。

相変わらずムクミはかなり酷いけど、足が痛くて歩けないっていう状態から日に日に歩ける距離が伸びている。

きっと来月には回復して遊びに行けるはず!

 

これで運動もできるようになるー!

この8カ月、全く運動できなかったストレスがすごいです。

抗ガン剤で太ったせいか、常に体中が凝り固まっている感じがするので、ボチボチ運動始めたいです。

 

あーやりたいことがいっぱい!

放射線も早く始めたい!

気持ちばかり前に行きがちなので、気をつけよう☻

仕事復帰

術後2週間の傷病休暇もついに終わってしまい、仕事に戻ることに。

 

2週間、本当にぐーたらだったから、病人のくせに夜更かしばかりしていて、毎日昼まで寝ちゃうサイクルに。

 

ついついNCISを見てしまい…

痛みもなく安静にしなければだけど元気なので時間だけはあったから…

 

抗ガン剤治療が始まってから自然に早寝早起きだったので、久しぶりに海外ドラマ見て夜中まで起きては昼まで寝る生活をしていました。

 

本来の自分、ぐーたらな私おかえり。笑

 

でも絶対に不健康な生活なので、仕事に戻ると同時にこのサイクルは改めます。

 

たぶんこれ以上休んでいたら、私の場合はダメすぎる生活になって危なかったかもしれない。

思い出しました、とにかくだらしのない人間だったことを!!

 

 

この2週間の間、悲しいことも続きました。

 

ずっと心の支えだった人が天国に旅立ったこと。

親友に病気が見つかり、手術することになったこと。

愛犬が突然動けなくなり、心臓がかなり悪いことがわかったこと。

 

自分の苦しみは乗り越えるしかないから受け入れられるけど、大切な人の苦しみは何も出来ない無力さでいっぱいになりました。

 

きっと私もたくさんの人にそんな思いをさせているんだろうな。

 

だからやっぱり元気になった姿を見せること、それが今の私がすべきことだと確信しました。

 

そのためにも健康的な生活をし、日々笑いながら、力強く、一生懸命生きていこうと思います。

術後1週間検診

術後1週間検診のために病院へ。

まだ電車はちょっと怖いので、車で送り迎えしてもらうことに。

 

抜糸予定なのと、これまで1週間傷口が見えなかったから、どんな塩梅になっているのか内心ドキドキしながら病院に行きました。

 

1週間ぶりにガーゼを取ってオープン!傷口を確認してもらい、抜糸しても大丈夫でしょうということでGOです。

 

人生初の抜糸だったので、かなりびびって歯を食いしばっていましたが、少し引っ張られてる感があるだけで痛くありませんでした。

 

糸をハサミでチョキチョキ、本当にチョキチョキと音がするんですね。

 

今まで、骨折もない、縫ったこともなければ抜糸もない、手術もなければ入院もない、救急車に乗ったこともないの「ないない尽くし」な人生でしたが、今回一気にいくつか経験できました。

残すは骨折と入院…あと救急車?

あまり経験したくないけど。

 

そして抜糸完了後、新たな防水シートがぺたりと貼られ、また次回の診察まで剥がさないようにとのことでした。

 

防水シートは前回の4分の1くらいの小さいサイズに変わりました!

(前回はおっぱいが半分隠れるくらいのサイズだったので、かなり小さくなりました。)

 

が、また傷口を見逃してしまった!

でも処置中にドクターが本当にきれいに切れたと言っていたので、まぁいっか。

正直どうなってても気にしないです。

 

いつも患者の気持ちを第一に考えてくれるドクターには、感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 

抜糸をしたからなのか、防水シートが小さくなったからなのか分からないのですが、おっぱいがつった感じが無くなりました。

 

ようやくシャカシャカ動けそうです!

でもあまり動き過ぎたら傷口開くかな?

あと1週間しっかり休んで社会復帰に備えようと思います☻